外出先や職場でも気軽にアロマ

外出先や職場でなんとなく集中できない、どうにもイライラして今すぐリフレッシュしたいと思うこと、ありますよね。とくに職場はストレスの宝庫。思わぬトラブルや同僚や上司など、周囲からの言葉でついイライラしてしまって集中力を欠いてしまうもの。さらに花粉の季節や鼻炎持ちの人は鼻づまりや鼻水で集中できない、ということも少なくないはず。

そんなとき、アロマオイルの助けをかりてみてはいかがでしょうか。アロマオイルというと自宅やエステサロンなど、しっかりと時間のとれる場所でないと使えないイメージですが案外外出先や職場のちょっとした時間でも使うことができるのです。

今すぐなんとかしたい!そんなとき

鼻炎の症状やイライラなど、とにかく今すぐなんとかしたい症状があるのなら、ハンカチやタオルを使った方法がおすすめ。とっても簡単で、症状にあわせたアロマオイルをハンカチやタオルに1滴たらし、その香りをかぐだけ。また花粉症や風邪などの場合はアロマオイルを1滴たらしたティッシュをマスクに挟んでおくと、つねに症状をやわらげてくれるといわれています。

気分に波がある人、職場で強いストレスを感じている人はアロマオイルとハンカチやタオルを持ち歩き、気分を落ち着けたいときに香りをかぐようにするのがおすすめ。出かける前にハンカチなどにたらしておき、必要なときに香りをかぐのもいいのですが、時間が経つにつれて香りが薄れてしまうのでできればアロマオイルそのものも持ち歩くといいでしょう。ただマスクに挟む場合はもちろん、ハンカチにたらして香りをかぐときも肌にアロマオイルが直接つかないよう気を付けてください。またアロマオイルの種類によってはハンカチなどにシミがついてしまうこともあります。色がついても気にならないようなものを選ぶようにしてください。

ちょっと時間がある、そんなときは?

ランチタイムなど、ちょっと時間に余裕があるときにアロマを使うならお湯を使ってみましょう。大きめのマグカップなどに熱湯を入れ、アロマオイルを1滴落とします。そこに顔を近付けて出てくる蒸気をゆっくりと吸い込む方法です。蒸気で喉を始め呼吸器がうるおうのでよりアロマオイルの吸収が高まる、といわれているそう。

また花粉症などの場合は鼻の奥にたまった粘りの強い鼻水が出やすくなり、香りをかぐだけよりも鼻をスッキリさせることができるでしょう。蒸気を吸い込むのは大体5分くらいでOK。リフレッシュ作用のあるアロマオイルを使えば気分もスッキリし、午後の仕事にも意欲的に取り組めるはず。さらに効果を高めたいときは、洗面器など大きめの容器を使って頭からタオルをすっぽりかぶってみてください。簡単なサウナのような状態になるので、よりアロマオイルの成分を吸収することができます。ただ女性の場合、蒸気でメイクが崩れてしまうかもしれないので時間に気を付けて行ってください。

このように、外出先や職場などでも意外と手軽にアロマオイルを取り入れることができます。外出先や職場などで使えそうなアロマオイルとしては、ストレス緩和作用のあるイランイランやサンダルウッド、ゼラニウム。不安感を軽くしてくれるジャスミンやカモミール・ローマン。集中力アップが期待できるグレープフルーツやレモングラス、ペパーミント。さらに花粉症にはティーツリーやカモミール・ジャーマン、ユーカリなどがあげられます。なかには集中力アップと花粉症など、両方に効果があるとされるアロマオイルもありますので自分の症状にあわせて使ってみてください。