アロマオイルを自分好みの香りにブレンドするコツ

アロマテラピーの醍醐味は、数あるアロマオイルを組み合わせて自分だけのオリジナルな香りを作り出せること。体調や気分など、その時々に応じて組み合わせを変えられることも魅力です。ただアロマオイルは効能だけでなく、香りも様々。同じような香りもあれば、まったく違った香りもあります。これらを最初から上手に組み合わせていくのは、なかなか難しいはず。そこで失敗しない香りのブレンドのコツを紹介していきます。

香りの系統を知っておこう

効能にあまりこだわらず、香りに焦点を当ててブレンドをするならばまずはアロマオイルの香りの系統を知っておきましょう。アロマオイルには7つの香りの系統があるといわれています。

・柑橘系
シトラス系とも呼ばれる、柑橘系の果実を原料としていたり柑橘系の香りがするアロマオイルのグループです。オレンジやレモン、ユズやベルガモット、マンダリンなど万人受けするアロマオイルがそろっています。前向きな気持ちにさせてくれたり胃腸の調子を整えてくれる効能を持つものが多いです。

・ハーブ系 ミント系やバジル、タイムなど食用として使われることもある植物などから抽出したアロマオイルのグループです。清涼感のある香りのものが多く、スッキリした気分にさせてくれたり強い殺菌作用を持っていたりと効能は多岐にわたります。

・ウッディ系 その名前の通り、樹皮や枝など木から抽出されたアロマオイルのグループ。ヒノキのような日本人になじみ深い香りからユーカリやパインのような、あまりなじみのないものまで様々。落ち着きのある香りで、リフレッシュ作用があるものが多いです。

・スパイス系 クローブやコリアンダー、シナモンなど香辛料として料理に使われるものから抽出したアロマオイルです。スパイシーな香りが特徴で、発汗をうながしたり体を活性化させてくれる作用があるものが多いよう。スパイシーな香りということで相性のよしあしがはっきりとわかれるグループでもあります。

・バルサム系 別名樹脂系と呼ばれるグループで、その名前の通り木の樹脂から抽出されています。重く、甘い香りで粘り気が強いのが特徴。ベンゾインやミルラなどがあり、スキンケア用として使われることが多いようです。

・エキゾチック系 オリエンタル系とも呼ばれるグループで、名前の通りエキゾチックな香りを持つアロマオイルのグループ。東南アジアや中東の植物から抽出したアロマオイルが多く、イランイランやサンダルウッド、ベチバーなどが属しています。個性が強く、香り自体も強いものが多いので、上手にブレンドするのは最初は難しいかもしれません。

・フローラル系 植物の花から主に抽出したアロマオイルが分類されています。ローズやカモミール、ジャスミン、ラベンダーといった香りの王道ばかり。花が由来のものが多いので甘く、華やかで気分を落ち着かせてくれたり、安心感を与えてくれるものが多いです。

上手にブレンドするには?

では香りを上手にブレンドしていくには、どのようにしていけばいいのか。まだ慣れていない最初のうちは、同じ系統の香りをブレンドするのが無難です。同じ系統同士なら香りがケンカすることもないですし、その系統の香りが好きなら嫌な香りにもなりません。

また別の系統の香りをプラスするなら、今回紹介した順番の上下の系統とあわせると相性がいいといわれています。香りの系統は円のような関係性になっていて、柑橘系ならフローラル系とハーブ系の系統と相性がいいのだとか。もちろん全く別の系統の香りを取り入れてもOKですが、香りだけで考えるなら同じ系統か相性のいい系統同士を組み合わせる方法が失敗が少ないでしょう。

ただいくら相性がいい系統同士でもアロマオイルによって香りに強い、弱いがあります。なかには1滴加えただけでその香りしかしなくなってしまうほど、強い香りを持つものもありますのでブレンドするときは少しずつ加えるようにしてください。またアロマオイルには香りだけでなく色々な効能があり、香りの相性がよくても効能を打ち消し合ってしまう組み合わせもあるのだとか。逆に相乗効果によって作用が強すぎてしまう、というケースも。自分なりに組み合わせる場合、念のためそれぞれのアロマオイルの効能や香りの強さも調べておくとより失敗がすくなくなるはずです。

ただいちばん大事なのは香りの相性や系統ではなく、自分自身が好きな香りかどうか。香りの好みは人それぞれですので、基本とは違った組み合わせが好きということもあります。慣れてくれば組み合わせたときの香りのイメージをつかみやすくなりますので、少々冒険してみるのもおすすめです。ただ慣れていない間は基本通りにしておくと、失敗が減らせるはずですよ。