アロマテラピーのプロになりたい!

アロマテラピーの人気の高まりとともに、社会的な評価も高くなってきました。独学やスクールに通うなどして、知識やスキルを磨いた人の中には、その知識を活かしてプロになりたいという人も出てくるでしょう。そんなときには、どうしたら仕事として始めることができるのでしょうか?

プロになるにはどうしたらいいのか?

まず、アロマセラピストになるには特に何の資格もいりません。したがって、始めようとすればいますぐに自宅で開業することもできるわけです。名前も自由に名乗れますので、たとえば「エグゼクティブ・アロマスペシャリスト」「スーパースペシャル・アロマセラピスト」などと肩書きをつけてもぜんぜん問題ありません。ただ、実際にそれで顧客を獲得できるかどうかは分かりません。

一般的にはサロンに就職して働くというコースが普通でしょう。そこで実績をつくりスキルをアップした人の中に、自分で開業するひともいるのではないでしょうか。

最近はアロマの人気が高まっていますので、求人はとても多くなっています。リゾートホテルにはどこにでもサロンがありますし、医療や介護の現場、スポーツクラブなどでもアロマを取り入れるところが増えてきています。ペットのアロマにも人気が集中していますので、職を探すには困らない状況です。

サロンで第三者にアロマトリートメントを施すアロマセラピストの他に、アロマテラピーショップで販売スタッフとして働いたり、インストラクターとしてスクール講師を務めたりという道もあります。医療現場や福祉施設、美容室などでアロマの指導を行うという仕事もあります。

仕事につくには資格は必要ありませんが、資格は一つの勲章です。持っていれば採用される可能性がそれだけ高くなるのは当然でしょう。資格が能力判断のひとつの材料とみなされるのは間違いありません。

資格取得をすると、就職がしやすくなる?

日本アロマ環境協会や日本アロマコーディネーター協会などでは、就職に関するアドバイスもしています。日本アロマ環境協会では、求人情報の案内をしているほか、外部からインストラクターやセラピストの派遣要請があった場合の情報提供をしています。日本アロマコーディネーター協会では独立開業のセミナーを実施、就職相談サービスも提供。企業やカルチャーセンターなどでの講師活動のあっせんも行っています。

サロンを開くためには何が必要?

アロマのサロンにはエステのような大掛かりな設備が必要ありませんので、比較的低予算で開業できます。最低限、ベッドとリネン類、精油やベースオイルなどの材料さえそろえばOKです。余裕があれば、ホットタオルウォーマーやくつろぎ空間を演出するインテリアがあるとベターです。家族の理解さえあれば、自宅でも開業できるでしょう。

アロマテラピーのプロになるのは、資格は不要ですがあった方がなりやすいことは間違いありません。求人も多いので、比較的容易になることができます。今は人気が高いのでチャンスといえるでしょう。