メディカルアロマとアロマテラピーの違いは?

リラックスしたり、マッサージに取り入れたり。主に香りを楽しむためのアロマテラピーと、医療の場で取り入れられているメディカルアロマテラピー。いったい何が違うのでしょうか。これを掘り下げていくと、アロマテラピーの方式の違いが関係しているようです。

2つの違いは、方式の違い

メディカルアロマテラピーとアロマテラピーの大きな違いは、フランス式がイギリス式かということです。フランス式とイギリス式、どういった違いがあるのか。

まずフランス式のアロマテラピーは、いわば医療行為。フランスでは古くからエッセンシャルオイルを薬として扱っていて、使うためには医師の処方が必要です。フランスは現在注目を浴びつつあるメディカルアロマテラピーが古くから盛んな国で、医療の場で薬の代替品として使われることが一般的でした。そのため日本の処方薬と同じように、医師による処方を受け、薬剤師を介してしか手に入れることはできません。フランスではエッセンシャルオイルは飲むのが主流ということも、薬として扱っている理由のひとつともいえます。

そしてイギリス式。イギリス式のアロマテラピーは、いわゆる日本の認識と同じような雰囲気です。エッセンシャルオイルは薬剤師でなくても販売できますし、処方箋がなくとも手に入れられます。イギリスのアロマテラピーはマッサージが主流で、女性たちが美しさに磨きをかけるために受けるのはもちろんのこと、リラックスやストレス緩和などの目的で男性が受けたりすることも多いよう。そのため政府によるバックアップも充実しており、アロマテラピーの研究には補助金が出ます。

ただあれでも扱えるからといって医療の場に全くアロマテラピーが活かされていないかというと、そうでもありません。最近のセラピストを養成するスクールではアロママッサージを用いて患者の苦痛を緩和し、生活の質をあげることを目的とする講座もあります。

法律で薬として認可されているかどうかの違いはありますが、イギリスもフランスもマッサージなどアロマテラピーに用いるエッセンシャルオイルに対しては厳しい決まりがあります。例えば混ぜ物をしていない、純度100%なうえ天然のものを使うこと。そしてマッサージなど、直接肌につける場合に薄める濃度も両国で同じ基準を採用しています。こうしたことから薬かどうかの認識は違えど、エッセンシャルオイルに対しての基本的な考え方はあまり変わらないといえるでしょう。

イギリス式のもとは、フランス式

現在でもイギリス式とフランス式、どちらが優れているのか様々な議論が交わされています。ですがイギリス式のアロマテラピーも、もとをたどっていけばフランスのもの。アロマテラピーという言葉自体、フランス発祥ですから根本的な部分はどちらの方式でも同じなのは当たり前といえば当たり前なのです。ただ薬として認可されなかったため、マッサージに使われることが主流となったのでしょう。

エッセンシャルオイルを飲むことは、医師や薬剤師のような専門家でないと思わぬ副作用などが出るためとても危険です。エッセンシャルオイルを扱っている店や通販サイトでも再三喚起されていることなのでご存知の人も多いでしょうが、医師の処方のもとに飲む以外は何が起こるかわかりません。フランスでは飲むのが普通だから、と安易に日本で売っているものを飲むのだけは避けましょう。同じようなものでいえば、男性用のED治療薬であるレビトラも同様です。本来は医師の処方なしでは手に入れられないものですが、高額なことから個人輸入で手に入れる人が後を絶ちません。ですが個人輸入で手に入る多くが偽物で、ひどいものだと有害物質が入っていることもあるそうです。やはり本来処方が必要なものに関しては、きちんとしたルートで手に入れることが大事ですね。

メディカルアロマテラピーとアロマテラピーの違いは、極端にいえば医療行為であるかそうでないかということ。そのためメディカルアロマテラピーではエッセンシャルオイルを飲むということだけを聞きかじり、安易に手持ちのオイルを飲んだりしないようにしてくださいね。