香りが癒すメカニズム

香りが癒すメカニズム私たちの心身に香りがもたらす働きは主に3つ。一番伝達が早いのは、本能への働きです。簡単なメカニズムがわかると、もっとアロマテラピーが身近になるでしょう。

脳が正常に働いていると、心と体に正しい指令を発信するので健やかな状態を保てます。しかし、脳が疲労すると、理性を司る部分と本能で感じる部分の間で、情報伝達が適切に行われなくなるため、トラブルが発生してしまうのだとか。

香りは脳の「考える」部分を通さずに、「感じる」部分へ直接伝わります。そこは身体の生理機能をコントロールする部分へつながっているため、自律神経、免疫系、ホルモン系のバランスをとることができるといいます。

精油の成分の働き

アロマテラピーによって、精油の芳香成分が、どのように私たちの身体に働きかけてくれるのかというと、大きく分けて3つの経路での作用だといわれています。

1.鼻(嗅覚)から、香りの刺激が大脳へ。
2.呼吸(吸入)によって肺に入り、血液へ運ばれる。
3.皮膚を通じて体内に浸透し、血管に浸透。

このような経路で体内に入った成分は、血液とともに運ばれて体に作用し、脳を通じてさまざまな生理機能をコントロールするといわれています。

精油の持ついろいろな作用

<心身への作用>
・鎮静作用(高ぶった神経に作用して穏やかにしてくれます)
・鎮痛作用(痛みを緩和してくれます)
・鎮痙作用(筋肉の緊張をほぐしてくれます)
・消化・食用増進作用(弱った胃腸に働きかけてくれます)
・ホルモン調節作用(ホルモン分泌を調節してくれます)
・刺激作用(滞った部分を刺激してくれます)
・強壮作用(活力を高めてくれます)
・免疫賦活作用(免疫力を上げ、活性化してくれます)
・利尿作用(排泄を促し、むくみを解消してくれます)

<皮膚への作用>
・アストリンゼント作用(毛穴を引き締めてくれます)
・保湿作用(肌の潤いを保ってくれます)
・エモリエント作用(肌をやわらかく保ってくれます)

<細菌、ウィルスなどに対する作用>
・殺菌作用(菌やバクテリアを殺します)
・抗菌作用(細菌が繁殖するのを抑えてくれます)
・真菌作用(カビが繁殖するのを抑えてくれます)
・抗ウイルス作用(ウイルスが蔓延するのを抑えてくれます)
・虫除け作用(虫を寄せつけないようにしてくれます)

1種類の精油でも、複数の作用を持っていますが、精油をブレンドすることで香りがよくなるほか、相乗効果も期待できます。それぞれの特徴を組み合わせた使い方ができると幅が広がります。