男性のアノ悩みも改善?男性向けの精油

アロマテラピーというとどうしても女性のものというイメージがつきものですが、作用を見てみると男性ならではの悩みを改善してくれる精油も数多くあります。なぜか現代では女性特有の悩みは割とオープンに改善策があるにも関わらず、男性となると何となくタブーなものに。相談するにもできずに悩んでいるなら、ぜひアロマテラピーから取り入れてみ増そう。

<男性のアノ悩みにはこの精油が効く!>

では具体的に男性にあちがちな悩み別で効果があるとされる精油を紹介していきます。

・薄毛
まずは中高年男性ならば大半が悩んでいるであろう薄毛。実は精油のなかには、行くも効果が期待できるとされるものもあるのです。具体的にはクラリセージにヒノキ、ユズ、ローズマリー・ベルベノンといったところ。このなかでとくに育毛に期待が持てるのはクラリセージ。細胞の成長を促すとされているため、髪の毛だけでなく肌などアンチエイジングに効果があるとされています。またヒノキやユズは市販の育毛トニックなどにも配合されていることが多く、毛根を刺激して育毛を促す作用があるといわれているそうです。

・水虫
最近は男性だけでなく、女性でも密かに悩んでいる人が多いですね。バスマットなどを介して家族にうつることもあるため、なってしまったら早めに改善したい悩みでもあります。水虫の原因は、白癬菌(はくせんきん)というカビの仲間。これが足の裏などに住み着き、角質などのたんぱく質をエサにして繁殖した状態が水虫です。性質は基本的なカビと同じなのでエサであるたんぱく質と適度な湿度、温度があればほぼ永久的に住み着き続けます。そのため1日中靴をはき続け、熱のこもっている足の裏は白癬菌にとって楽園のような場所。裸足になる機会が少ない人ほど改善しにくい傾向にあります。こうしたしつこい水虫の改善に期待が持てるのは、殺菌作用のある精油。代表的なのはラベンダーとティートリーです。とくにティートリーは優れた殺菌作用と同時に抗炎症作用もあるため、水虫改善にはとても期待がもてる精油といえるでしょう。

・体臭
薄毛に続き、悩んでいる人が多いといわれているのが体臭。最近はスメルハラスメントといった言葉もうまれ、体臭には人一倍気をつかわないといけない時代になってしまいました。男性の場合30代を過ぎたあたりから皮脂が粘り気のあるものに変化していくそうです。そのため体を洗ってもなかなかきれいに洗い流すことができず、酸化してしまい特有のオヤジ臭が発生するといわれています。

こうしたしつこく、鼻につきやすいニオイの対策にはシダーウッド・アトラスやサイプレス、ジュニパーベリーといった精油を使ってみてください。どの精油もウッディ系の香りなので中高年男性でも取り入れやすい香りです。とくにサイプレスはヒノキに似た香りがし、体臭予防にかなり期待がもてるといわれています。取り入れ方としてはアロマバスが基本となりますが、とくにニオイが気になるときのために手製のデオドラントスプレーもおすすめ。無水エタノール10mlに精油を5滴。そこへ精製水40mlを加えれば完成です。市販のスプレーボトルに入れて持ち歩き、汗をかいたときなどにひと吹きすればOK。カナンに作れるうえ、安上がりですよ。

・男性機能
最後はもっともデリケートな悩みである、ED。年齢を重ねていくうちにある程度衰えてしまうのは仕方のないことですが、やはり男性としての自信は失いたくないですね。男性機能の改善を手助けしてくれるといわれているのが、イランイランやバイオレットリーフ、カナンガです。イランイランは催淫効果がある精油としてよく知られていますね。カナンガもイランイランに近い種類の植物から作られている精油で、男性用の香水に使われることもあるそうです。一方でバイオレットリーフはヨーロッパを中心に古くから薬草として重宝され、とても希少で高価な精油です。かつてはナポレオンやマリー・アントワネットも、この香りを愛用していたともいわれています。ただどちらも刺激が強い精油のため、マッサージなど直接肌につける場合は要注意。とくにバイオレットリーフはできれば肌に使うのは避けるべきとされていますので、芳香浴までにとどめておきましょう。なお、こうした精油を使っても改善が望めないのであれば、そこはやはりしっかりとしたお薬の出番。ED治療であれば、バイアグラやレビトラといったものが有名です。どのお薬が自分に合っているかは、専門のクリニックを受診することで教えてくれますので、ぜひ一度訪ねてみましょう。

このように、男性ならではの悩みにも効果があるとされる精油はたくさんあります。ただ効果が様々なように、それぞれの精油のもつ特性も様々。バイオレットリーフやカナンガのように肌へ使うのは避けた方がいいとされるものも多いですので、使う場合は専門家の意見を聞いてから取り入れるようにしてください。