そもそも精油ってなに?

精油、またはエッセンシャルオイルとはそもそもどんなものなのでしょうか。また同じように香りを楽しむフレグランスオイルや、アロマオイルとどこが違うのか。アロマテラピーに欠かせない精油のそもそもをご紹介します。

精油は油ではない?

精油、エッセンシャルオイルとは植物の花や根、茎に葉、実など様々な部分からとれる、油のことです。名前の由来はラテン語で、植物の「精、精髄」を意味するessentiaからきているといわれています。そのため確かに油のような性質は持っているのですが、一般的な油とは区別されることが多いよう。ちなみに現在アロマテラピーや香料として使われている精油は100種類ほどですが、発見されているだけなら1,500種類以上あるといわれています。

そして精油としての条件のうち、もっとも重要視されるのが100%天然由来のものであるということ。天然の植物から抽出されたものこそ精油と呼ばれ、合成香料やその他の化学物質をまぜているものはアロマオイルやフレグランスオイルなどと区別されています。意外に同じようなものとしてとらえている人が多いですが、アロマテラピーには100%天然由来の精油のみを使うという定義があるのだとか。実際アロマオイルなどは合成香料が使われいて植物由来の成分は一切配合していなかったり、エタノールなど刺激の強い成分が使われていることが多いです。そのため香りを楽しむという意味では問題ありませんが、アロマテラピーでいわれている様々な作用の期待はできません。それにマッサージに使うこともできないので、マッサージなど直接肌につけることもできないので注意しましょう。ただこうしたアロマオイルやフレグランスオイルは大量生産が可能で精油に比べ、とても安価で販売されています。精油とは別物ですが、アロマテラピーではないものの手軽に香りを生活に取り入れるも目的に使うのならとくに不足はないものといえるでしょう。

何にでもある、偽物問題

高価で効果のあるものには、いつでも偽物がつきまといます。男性用のED治療薬であるレビトラやバイアグラにも偽物が多く出回っていますが、精油にも同じように偽物が。レビトラなどの場合は多くが安価なものを求めるあまり、個人輸入に手を出してしまった結果によるものが大きいですが、精油の場合はもう少し問題が複雑。混ぜ物がされており、100%天然由来のものでないのにも関わらず精油と偽って販売されているのはレビトラと同じですが、販売者側も知らないことが多いのです。

それは時々ニュースでも取り沙汰されるような、食品偽装と同じようなもの。製造者がより効率よく大量生産するため、混ぜ物をしていたりすることが大半です。そのため小売店はもちろんのこと、仲介する仲卸業者すら偽物だと知らないまま市場に流通させてしまうのだそう。これでは消費者側がいくら賢くなったところで確実に見分けることは難しいですね。生産者側がモラルと誇りをもち、正しい精油を作ってくれれば万事解決なのですがなかなかそうもいかないよう。もちろんこうした偽装を一切せず、真摯に精油作りに向きあっているメーカーも多く存在します。そのような確かなものを作っているメーカーを見つけることもアロマテラピーには欠かせません。