アロマテラピー人気で起こっている精油の問題

アロマテラピー、最近はとても人気ですね。かつてはアロママッサージなど、美容の世界でのものでしたが最近は様々な現場で取り入れられています。例えば医療の場や介護。ホテルや旅館などでも客室にアロマテラピーを取り入れ、よりリラックスできるよう工夫がされているようです。もちろん一般家庭でも、入浴や就寝時など普段の生活に取り入れていることもたくさんあるでしょう。

しかしそんなアロマテラピー人気のかげで問題になっているのが、欠かせない精油についての問題。偽物が横行しているのだそうです。

生産量が消費量の半分という現実

アロマテラピーに欠かせない精油は、世界中で作られています。そこで実際の数字を調べてみると、実際の精油の生産量は消費量の半分ほどなのだそう。例えばラベンダーの精油の産地として知られるフランスでは、1960年代後半から1990年代にかけての30年間で生産量が7分の1までに減少しています。しかし消費量は同じく30年間のあいだに、100倍にも膨れ上がっているんだそう。この減った分の精油が、いったいどこから来ているのか。残念ながら明確な答えは出ていません。こうした事例は世界中のいたるところで起こっていて、生産量と消費量の数があわないことはもはや不通となりつつあるんだそうです。普通に考えると消費量と生産量は同じ数でなければいけないのに、おかしな話ですね。

どうして消費量と生産量の数があわないのかの答えのひとつは、かなりの数の偽物が精油と偽られて流通しているということ。本来は精油とは呼べない製品が、精油と偽られて世界中で売買されているということなのです。精油の偽物とは、100%天然の植物から生産されたものではないということで、混ぜ物がされていたり合成香料が使われていたりするものをさします。そうしたものは本来アロマオイルやフレグランスオイルとして生産されていて、精油を偽らなければ立派な製品となります。ですが大量の植物から少量しか生産することができない完全に天然由来の精油と比べると、どうしても質も値段も劣るうえ、アロマテラピーに使われることはありません。さらにここ最近の精油の需要の高まりにより、精油の価格も高騰しているそうです。こうした背景を受け、大量の植物から少量しか生産できない精油に多少混ぜ物をしてでも多く生産する動きが活発化してしまったといえるでしょう。

選ぶなら、扱いの長いメーカーを

偽物の精油は混ぜ物がしてあるといったという事実だけでなく、知らずにアロマテラピーに使ってしまうと体に悪影響を及ぼす可能性もあります。正しくアロマテラピーを楽しむのであれば、正しい精油を手に入れることが第一なのですが、消費者の立場としてはどうしたらいいのか。

いちばん確実なのは、アロマテラピーブーム以前から精油を扱っているメーカーを選ぶこと。ブーム以前から精油を手掛けているメーカーならばしっかりとした生産体制が確立されているため、わざわざ偽物を生産する必要性がありません。むしろ利益第一で偽物を生産し、信頼を失うことの方がマイナスです。それにそういったメーカーなら自社の製品に対してプライドを持っているため、信頼して間違いないはず。生産から販売まで一貫して手掛けているメーカーならば、なおのこと偽物がまざることはあまりないでしょう。

逆にブームに乗り、新規にアロマテラピー業界に参入してきた業者だとこうした偽物が出回っていることすら知らずに販売している可能性もあります。販売側が把握していなければ、消費者が見極めることは難しいですね。正しいアロマテラピーを追求するなら、精油を販売している業者選びから慎重にならなければなりません。最近は気軽に、手軽にアロマをといった風潮がとても強いですが、安価で手に入るものにはそれなりの理由があります。香りだけを手軽に楽しみたいのであれば多少混ぜ物がしてあっても影響はありませんが、肌にぬったり芳香浴をしたりといった肌に直接つける場合は慎重にならなければいけません。アロマテラピーを楽しむ際は、こうした問題も起こっていることをぜひ頭のすみにおいておいてください。