アロマオイルで毎日を快適に!

香りや植物などに含まれている成分の作用でリラックスしたり、マッサージに使って肌の調子を整えたりとたくさんの使い方のあるアロマオイル。色々あるアロマオイルを自分流にブレンドして好きな香りを作るのも、楽しみ方のひとつですね。就寝前やバスタイムなどに使っている人も多いことでしょう。

ですがアロマオイルの使い方は香りを楽しんだりマッサージに使うだけではありません。使い方の幅を広げれば、憂鬱なあの季節も快適になるかもしれないのです。

アロマの作用で花粉症を撃退!?

日本人の国民病ともいえる花粉症。春になり、暖かくなってホッとすると同時に優綱季節ですね。最近では様々な治療法があるようですが、健康保険が適用されなかったり長期間にわたって予防を行わなければならなかったりと案外大変。花粉症用の薬も強い眠気が出るものが多く、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そんなとき、アロマオイルが強い味方になってくれます。アロマオイルのなかには花粉症のつらい症状をやわらげてくれる作用のあるものもあるのです。

・ユーカリ
スーッとする清涼感のある香りが特徴のユーカリ。炎症や痛みを抑える作用や免疫力の強化、集中力アップにも効果的といわれています。花粉症の症状のなかでは清涼感のある香りで鼻づまりをやわらげ、アレルギー反応による呼吸器系の炎症を抑えてくれるそうです。また筋肉痛や神経痛、頭痛といった日頃の不快な痛みにも効果があるといわれているため、季節を問わず1年中使えるアロマオイルです。ただ刺激がとても強いため、乳幼児や高血圧、てんかんを持っている人は避けるよういわれています。

・ペパーミント
アロマオイルに詳しくない人でも香りを想像しやすい、親しみのあるのがペパーミント。ガムや歯磨き粉など、清涼感の求められる製品に多く使われています。そんなペパーミントはアロマオイルとしても有能で、花粉症を始め風邪や頭痛にも効果があるのだとか。花粉症にはまず清涼感のある香りが鼻づまりなどでぼんやりとした頭をスッキリさせ、リフレッシュさせてくれます。さらに抗アレルギー作用や抗ヒスタミン作用もあるといわれていますので、鼻づまりや鼻水以外の症状を和らげてくれるそうです。またペパーミントはゴキブリが嫌がる香りとして知られているため、部屋の芳香剤代わりに使えばゴキブリ忌避剤としても使えるそう。ただ刺激が強いので乳幼児や妊婦、授乳中の女性や高血圧や心臓疾患を抱えている人は避けるよういわれています。

・カモミール・ジャーマン
鼻づまりや鼻水だけでなく、目にも症状が出るのが花粉症のつらいところ。充血や涙、かゆみなど不快な症状だらけです。そんな目の症状に効果があるといわれているのがカモミール・ジャーマン。ハーブティーなどで使われるものとは種類が違い、主にドイツを中心としたヨーロッパやアジア北部が原産です。そのため効能も全く違うものとなります。

カモミール・ジャーマンの特徴は炎症やかゆみを抑えてくれること。さらに抗アレルギー作用もあるため、アレルギー反応そのものをおさえてくれるといわれています。また比較的敏感肌の人にも使いやすいといわれているため、敏感な目のまわりにも無理なく使えるでしょう。

ほかにもティーツリーやマートル、というアロマオイルも花粉症の症状に効果があるといわれています。ユーカリやペパーミントなど、ひとつの種類だけを使うのもいいですが香りの相性のいい別のアロマオイルとブレンドして使うのもおすすめ。ただなかには効能を打ち消し合ってしまうものもありますので、きちんと確認してから使うようにしましょう。さらに今回紹介したアロマオイルの多くは刺激が強く、高血圧などの持病を抱えている場合は避けるよういわれているものばかり。どうしても使いたい場合はかかりつけの医師に相談してからにしてください。