アロマバスにはこんなアレンジも!

アロマバスにはさまざまな利用法があります。全身でお湯につかる全身浴、体の下半身だけをお湯につける半身浴、腰の部分だけつかる座浴。これ以外にも、手だけで入る手浴、足だけの足浴、顔に蒸気をあてるフェイシャルスチーム、温かいタオルで顔をおおう湿布、のどをうるおす「うがい」など楽しみ方はいろいろ。

全身浴や半身浴に比べて使うお湯の量はずっと少なくて済みますので、気楽に楽しむことができます。ちょっと思いついたときにでもすぐにできる手軽さもありますので、ぜひ試してみましょう。

手浴はどう楽しむの?

大きめの洗面器に40度~42度程度のお湯をはり、好みの精油を2~3滴たらしてよくかき混ぜます。その中に両手を手首まで差し込みます。5分~10分程度そのまま静かに過ごします。蒸気を鼻で吸い込みながらすれば、芳香浴にもなります。長く続けるときには、立ったままではつかれてしまうので、イスなどに腰かけるようにするとよいでしょう。終わったら手は洗わずそのままタオルで水分をふき取ります。

しもやけになってしまったときや手が荒れてしまったときのハンドケア、長時間パソコンのキーボードをたたき続けて疲れてしまったときの手や指のケアに効果があります。ちょっとした気分転換にもなりますので、仕事の合間のリフレッシュとしても活用できます。

足浴はどう楽しむの?

大きめの洗面器やバケツなどに40度~43度程度の手浴より少し熱めのお湯をはり、3~4滴ほど精油をたらします。よくかき混ぜてから、足をいれましょう。足首の上からふくらはぎの下くらいまでつかる程度のお湯が適度です。10分~15分程度つけるとよいでしょう。終わった後は洗わずにそのままタオルで水分をふきとります。

歩き疲れて足がだるいとき、むくんでしまったとき、足の裏やかかとが荒れてしまったときなどフットケアとして、冷え性などの対策として活用できます。足を温めると体全体が温まりますので、風邪をひいたときなどにもお勧めです。

フェイシャルスチームはどう楽しむの?

ふつうお風呂に入る時よりも少し高めの温度のお湯を洗面器にハリ、精油を1~2滴たらします。頭の上から大きめのタオルをかけて、お湯の20センチ~30センチほど上まで顔を近づけます。タオルで蒸気を逃がさないようにしながら、温かい蒸気を吸い込みましょう。目は必ず閉じてください。1分くらい鼻と口から蒸気を吸入します。肌に潤いが増し、花粉症や風邪の予防にもなります。

湿布はどう楽しむの?

フェイシャルスチームと同じように用意したお湯に、タオルをつけます。タオルの両端をもったまま真ん中の部分だけをつけて、絞ります。タオルを目や顔にあててその上からラップをしてさらに乾いたタオルを上にのせることで、タオルの温度が下がらないようにします。数分間そのまま過ごしましょう。頭痛や目の疲れに効果的です。

うがいはどうたのしむ?

ウオツカ5mlに精油を2~3滴混ぜて、コップ一杯の水で薄めます。それでうがいをすれば、風邪の予防になります。
アロマにはこのように色んな使い方がありますので、それぞれぜひ試してみてください。