アロマウォーターってなに!?

化粧水代わりのスキンケアとして人気があるアロマウォーター。アロマのいい香りがするので、化粧水にアロマオイルをまぜて作っているのと思われがちですが実は別物。知られざるアロマウォーターがなんなのか、どんな使い方があるのかを紹介します。

アロマウォーターってなんだ!?

アロマウォーターはアロマオイルの原料となる植物からアロマオイルを水蒸気蒸留法という方法で抽出するときにできる、おまけのような副産物のことをさします。正式には「芳香蒸留水」と呼ばれ、アロマオイルの香り成分がほんの少し溶け込んでいる水です。そのため使うとアロマオイルと同じ作用が期待できますが、作用はとても穏やか。一方でアロマオイルより刺激がなく、薄めずにそのまま肌に使用できるといったメリットがあります。アロマオイルに慣れていない初心者だと薄める割合を間違えたりわからなくなってしまうことも多いですし、薄めるためのキャリアオイルなども用意しなければなりません。そのてんでは初心者向きといえるでしょう。

またアロマウォーターという名前以外にも、フローラルウォーターやハーバルウォーター、ハドロソルなどという名前で販売されていることもあります。カモミールやネロリ、ラベンダー、ローズといったポピュラーな原料のものが多いので、アロマに興味があるならまずはアロマウォーターから始めてみるのもおすすめです。

アロマウォーターの利用方法

・スキンケア
まずは代表的な使い方。化粧水としてそのまま肌につけたり、コットンにたっぷり染み込ませてパックとして使ったり。化粧水として使う場合、グリセリンやハチミツをプラスすると保湿力がアップしますので冬など乾燥しやすい時期に試してみてください。またパックとして使う際はコットンだけでなく、クレイやハーブパウダーをとかしたアロマウォーターを使うと深い香りが楽しめ、スキンケアだけでなく癒しの作用も期待できます。

またアロママッサージ前の肌を整えるのにも便利。アロマウォーターで肌を適度にうるおしておくことでアロマオイルの成分の浸透力が高まる、といわれています。

・ヘアウォーター
髪の毛にスプレーすることで、髪を乾燥から守る作用と香り付けができます。ブロー前にスプレーしたり、寝ぐせ直しやヘアセットの際に使うといい香りと適度なしっとり感を紙に与えることができますよ。

・アロマスプレー
アロマオイルでも作れるアロマスプレーですが、アロマウォーターなら気になるところにそのままスプレーすることができてとても便利。部屋にひと吹きすれば部屋をほのかに香り付けすることができ、どんよりした部屋の空気や嫌な臭いを一掃できます。さらに枕やシーツなどの寝具にスプレーすればいい香りに包まれて、癒されながらぐっすり眠れるでしょう。またカーテンやカーペットなどにスプレーすると、芳香剤を置かずともいい香りが部屋を満たしてくれます。

ほかにもアロマポットを使って芳香浴をする際、水の代わりにアロマウォーターを使うとアロマオイルとの相乗効果が期待できます。香りをより強くすることもできますし、ほのかに別の香りをまぜることもできるでしょう。香りが弱い、作用が穏やかではありますがその分のメリットはたくさんあるのです。

どんなアロマウォーターがあるの?

では具体的にどんな香りのアロマウォーターがあるのでしょうか。効果とともに少しだけ紹介していきます。

・ラベンダーウォーター
アロマオイルの代表的存在のラベンダーのアロマウォーターです。香りの作用は基本的にはアロマオイルのラベンダーと同じく、リラックスや安眠効果があります。枕などの寝具にスプレーする使い方がおすすめ。また収れん作用、殺菌作用が高いため皮脂の分泌が多い脂性肌やニキビができやすい、さらに日焼けをしたあとのケアにぴったり。色々なアロマオイルの香りとの相性もいいため、芳香浴にも便利です。

・カモミールウォーター
ストレスやイライラをやわらげてくれる、強い味方として有名なカモミール。とくに保湿効果にすぐれていて、ほかにも抗炎症作用や殺菌作用、抗アレルギー作用などもあるため乾燥によるかゆみやアトピー、ニキビの改善が期待できます。ただアロマオイルだと刺激が強すぎるため、希釈する濃度に気をつかわなければなりません。アロマウォーターなら作用がとても穏やかなため、敏感肌でもそのまま肌に使ってOK。ただキク科やブタクサにアレルギーを持っている人は、必ずパッチテストをしてから使いましょう。

・ローズウォーター
フローラル系の代表格ともいえる、バラの香りが魅力のローズウォーター。甘く、華やかな香りはリラックスはもちろん、幸せな気分にさせてくれます。スキンケアとして使えば保湿、収れん効果に優れていて、乾燥肌はもちろん年齢によるシワや毛穴の開きの改善にも期待できるでしょう。アンチエイジングとして使うのもおすすめです。

ほかにもローズヒップやネロリ、ティートリーにペパーミント、クローブなど様々なアロマウォーターがあります。アロマテラピーの人気とともにアロマウォーターにも注目が集まり、年々販売される種類が増えているようですね。アロマオイルに比べれば香りも作用も控えめではありますが、購入すればそのまま使えるのは大きなメリットではないでしょうか。手軽にアロマを取り入れたいならば、一度試してみてください。